FC2ブログ

プロフィール

山口和雄

Author:山口和雄
FC2ブログへようこそ!短歌だけでなく、庭仕事にも精を出しており、我が家の庭を彩る薔薇をはじめとする花たちも紹介していますので、見ていただけると嬉しいです。


最新記事


カテゴリ


最新コメント


月別アーカイブ


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

生きるとは死を待つだけの日常が静かに流る老人ホーム


 102歳になる義理の叔母さんが老人ホームにいて、時々訪れているが、ゆっくり、ゆっくりと時が流れており、死が訪れるのをただ待っているような印象を受け、詠んで見た一首。

老人ホーム

 なにか寂しい気分にいつも襲われるが、今はコロナ禍を警戒、面会ができず、どう過ごしているか、心配である。

=我が家の庭を彩る薔薇と花たち=

アンティークレース
アンティークレース

 深みのあるアンズ色とグリーンの花びらが印象的な魅力ある薔薇だが、この「アンティークレース」は完全に暑さにやられたようで、その面影さえ花からはうかがえない。

 ここにアップしようか迷ったが、夏の薔薇はこうしたこともある好例と思い載せてみた。

雑草
オオマツヨイグサ(大待宵草)?

 今年になって初めて庭に現れた雑草で、この草は何だと思っていたら、幾本も1m~1.5mぐらいまで高くなってきて、抜くのを少しためらっていると、上のような花が咲いてきて、他の株も咲かせてみるかという気に。

 色々調べてみると、どうも「オオマツヨイグサ(大待宵草)」ではないかと思えて仕方がないが、夕方咲いて朝にはしぼむ花と聞くと、昼にも咲いているだけに、ちょっと違うようである。

 でも、花は可愛く、しばらくは黄色い花を楽しもうかと思うう。

≪山口和雄の短歌集≫

     似つかわぬ名を戴きし犬ふぐり可愛き花がふぐりは哀れ

     梅が散り桜が散って桃が咲く気候狂って花まで狂う

     宇宙論読めば読むほど視界ゼロ虚無から生まれ虚無へと消える

     広州とスカイプ通し初孫(ういまご)の笑う姿に機上の人に

     現金を出して怪訝な顔されるキャッシュ使わぬ中国社会

     金ピカの超高層のビルが建つさすが中国わびさび無縁

     歯周病一本二本抜けてゆき総入れ歯への悪夢がよぎる

     田植機が羽を広げて道占拠のろのろ進みいらいらつのる
                (2018年6月24日朝日歌壇掲載)

     がむしゃらに昭和平成生きぬけど古希を迎えて迷宮を行く

     ボケないで心配そうに妻叫ぶ転がり落ちる老いの坂道

続きを読む »

 | ホーム |  » page top